お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。
以下のリンクより、本文、メニュー、または共通メニューへジャンプができます。

Loading header. please wait...
サイトマップ プリント表示

文翔館とは

1.沿革

明治9年に現在の山形県が成立し、初代県令三島通庸の手によって明治10年に山形県庁舎が、また同年16年に県会議事堂が建設されましたが、同44年5月の山形市北大火により両棟とも消失してしまいました。ただちに同地での復興が計画され、大正2年4月に着手、同5年6月に完成したものが現在の旧県庁舎及び県会議事堂です。
設計は、米沢市出身の中條精一郎を顧問として東京都出身の田原新之助が担当しました。旧県庁舎及び県会議事堂は英国近世復興様式を基調とした建物で、渡り廊下で結ばれています。
写真:旧県会議事堂
旧県庁舎はレンガ造り3階建てで外廻りの壁面は石貼りで覆われています。旧県会議事堂はレンガ造り一部2階建てで、当初から公会堂として計画され講演会や演奏会等さまざまな催しに使われていました。
昭和50年まで県庁舎として使用されました。県庁移転後は、両棟を文化財として保存することとなり、同59年12月に国の重要文化財に指定されました。その後、昭和61年から修復工事が始まり、平成7年9月に10年に及ぶ工事が完成しました。

2.復原工事の概要

写真:復原工事
修理工事にあたっては、解体範囲を最小限にとどめるとともに必要な構造補強を行い、極力在来の材料を使用しながら従来の工法で施行して創建当時の姿の復原を目指しました。
「正庁」、「貴賓室」、「知事室」、「内務部長室」等の天井を漆喰天井に復原したほか、カーテン、壁紙、シャンデリア、絨毯など、できる限り復原を目指しました。
床材のリノリウムは、日本では既に製造されていないため、ドイツ製を使用しました。
屋根は当時と同じスレート葺きとし、時計塔の銅版葺きなどを再現しました。
議場では美しいヴォ-ルト天井や正面出入り口上のバルコニーなどの意匠を復原しました。

3.「文翔館」の機能

写真:ホール
重要文化財の「山形県旧県庁舎及び県会議事堂」は、十年の歳月を経て蘇りました。県では、この貴重な文化遺産を保存するとともに、県民の郷土への理解を深め、本県文化の振興を図るため、「山形県郷土館」(愛称:文翔館)を平成7年10月1日開館しました。
文翔館では、建物の一般公開を行うほか、郷土の歴史や暮らしに関する常設展示コーナー、復原工事を紹介する映像ホールなどを設けています。また、議場ホール、ギャラリー、会議室等の貸出を行っており、県民の文化活動の発表の場として開放しております。
aaaaaa
Loading news. please wait...
Loading news. please wait...