お客さまがご使用のブラウザではスタイルシートが未対応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、掲載している情報は問題なくご利用いただけます。
以下のリンクより、本文、メニュー、または共通メニューへジャンプができます。

Loading header. please wait...
サイトマップ プリント表示

復原の記録

経過

年月項目
1876(明治9).8山形・置賜・鶴岡の3県を合併し、山形県とする
1877(同10).11初代県庁舎落成
1883(同16).5初代県会議事堂落成
1911(同44).5山形市北大火(県庁舎及び県会議事堂焼失)
1916(大正5).62代県庁舎、県会議事堂落成
1930(昭和5).103代県会議事堂落成
1973(同48).3県庁舎跡地利用懇談会の設置(会長:副知事)
1975(同50).93代県庁舎、4代県議会議事堂開庁
1976(同51).6県庁舎跡地利用懇談会で山形県歴史資料館(仮称)の設置を決定
1978(同53).3旧県庁舎を県指定有形文化財に指定
1979(同54).6山形県歴史資料館設立委員会の設置(会長:副知事)
1980(同55).3山形県歴史資料館設立委員会で計画決定
(1)名称は山形県郷土館が望ましい
(2)展示計画として、
ア.専門的・学術的なものより、子供から老人まで気軽に利用し、郷土を理解できるもの
イ.山形県の過去をみつめ、未来の山形県を描くことができるもの
ウ.実物、VTR、パネル、写真等を展示し、体験を通して興味と関心を高めるもの
1982(同57).9山形県郷土館(仮称)基本構想検討委員会の設置
1983(同58).3山形県郷士館(仮称)基本構想検討委員会が「山形県郷土館基本構想」を決定
(1)名称:山形県郷土館
(2)基本テーマ:山形の歩みを振り返り、明日の山形を考える
(3)展示計画:山形県の歩み、自然、風土、ひと、交通、産業、未来の山形
(4)機能:郷土、地域文化資料のネットワーク化、情報センター
1984(同59).12旧県庁舎及び県会議事堂が国の重要文化財に指定される
1986(同61).7旧県会議事堂の半解体調査開始
1987(同62).6山形県郷土館展示専門委員会の設置
1987(同62).8旧議事堂の現状変更許可(復原方針の決定)
1988(同63).2旧県庁舎の半解体調査開始
1990(平成2).4旧県庁舎の現状変更許可(復原方針の決定)
1990(同2).9旧県会議事堂の修理工事完成
1993(同5).9山形県郷土館(仮称)展示基本設計
1994(同6).2山形県郷土館(仮称)展示実施設計
1994(同6).6山形県郷土館展示委員会の設置
1995(同7).7山形県郷土館条例公布
1995(同7).9公募を経て、山形県郷土館の愛称を、文化がはばたき大きく飛翔することを象徴するものということから「文翔館」と決定(同時にシンボルマークも決定)
1995(同7).10旧県庁舎及び県会議事堂修理工事、展示工事完成
Loading news. please wait...
Loading news. please wait...